足つぼ・腰痛のツボについて

足つぼ・腰痛のツボについて

腰痛の原因には、長時間の車の運転や、準備不足での運動、姿勢やポーズの悪さなど、日常生活におけるいろんなことが有る。

 

これ以外、椎間板ヘルニア、脊椎分離、老化による変形性脊椎症など、骨の異常によって生じるものも有るし、婦人病や癌などによっても腰痛が生じることは有る。

 

なんらかの身体的な病気が原因のケースの場合は、その治療を受けることがまず肝心である。針灸治療も包含した、ツボ療法は、これらの治療に並行して実践することになる。
一方、姿勢やポーズの悪さなどによる腰痛のケースの場合は、ツボ治療が非常に効果的である。正確なツボに刺激を与えることで腰部の筋肉に滞っていた疲労物質が取り除かれ、痛みが緩和(かんわ)される。

 

腰痛に適切なツボは、腰の腎愈(じんゆ)や志室(ししつ)、足ツボでは、陽陵泉(ようりょうせん)である。陽陵泉は、膝関節の直下で、外部にあるソラマメ大の骨の直下である。腎愈は、腰の規準線から背骨の突起へ親指幅2つ分上へいったところで、そこから人差し指と中指の2本分外部である。また、志室は、腎愈の左右、人差し指と中指2本分外部のところである。

 

腰痛のケースの場合に、自分の家でツボ療法を実践するときには、まず、痛む位置の皮膚に触れ、熱を持っているかどうかを見る。急性のギックリ腰のようなときには、患部が炎症をおこし、熱を持っているケースの場合が数多いので、まず腰部を冷やすことが基本中の基本である。それから指圧やつまようじの先でつつくように刺激してゆく。熱を持っている時には、なるべく離れた遠いところから実践する。

page top