≪予防医学と食事≫予防医学とお酒との付き合い方

≪予防医学と食事≫予防医学とお酒との付き合い方

「適度な飲酒は身体によい」というのは、お酒好きな人が予防医学を口実にお酒を飲むために言っているのではなく、本当の話のようである。
実際にたくさんの人が経験するのは、食欲増進の効果だ。
これはアルコールの刺激により胃液の分泌が盛んになるためである。
食欲がわく、というのは元気な証拠であるが、肥満や糖尿病などを患っている人には逆効果と言えそうである。
また、お酒を飲んでほろ酔い気持ちになると、日頃の精神状態的な緊張がほぐれ、リラックスしてくる。
こういった具合に日々のストレスまたはフラストレーションから開放される効果も待望できる。
飲酒により血液中の善玉のHDLコレステロールを増加させる効果がみられることも、よく知られている。

 

「適度な量」というのは、1日に平均純アルコールで20gレベルの量のことで、ビールなら中ビン1本、日本酒なら1合、ワインならグラスに2杯、ウイスキーはダブルで1杯くらいが水準となる。
この量に自制がむずかしいという人は、思い切って禁酒をするほうが、身体に良いだろう。
なぜなら、大量の飲酒は脳梗塞の引き金となり得るからである。
お酒には利尿機能があるため、脱水症状を生じやすく、血液の粘性が増し、血栓ができやすくなってしまう。
病気を予防し、健康のために飲むのであれば、少量にとどめよう。

 

「適量の飲酒は健康にプラスである」というのは、もともと過剰に飲酒していた人に対して予防医学の観点から「適量の飲酒」を勧めるものであって、いままでお酒を飲まなかった人に飲酒を勧めるものではないようだ。

page top