<花粉症の食事治療>東洋医学

<花粉症の食事治療>東洋医学

花粉症に打ち勝つための体つくりをする為には毎日の食生活の見直しが必要である。
元々花粉症等のアレルギーを生じさせる体質となってしまったのは、食事にその原因があるからである。
花粉症体質を改善する為に、日頃の食生活を改善して食事治療を実践する事が必要となるのである。

 

ここでは東洋医学に基づいた食事治療にかんして考慮してみたいとおもう。
東洋医学では食物を性質ごとに5つの種類に分けている。
それは「熱」「温」「平」「涼」「寒」である。
これらを大幅に分けると「体を温めてくれる食物」と「体を冷やしてくれる食物」と云う事に成る。

 

また食物はその時季の旬のものを口にするのが栄養価も高く新鮮で美味しいので理想的である。
基本的には暑い夏の時季には冷たい涼性の食物を口にして、冬の寒い時季には温めて口にする温性の食物を口にする。

 

調理法に拠ってもちがいが在り、素材そのものに熱をプラスする事で温かい食事に変化していくのだ。
熱をプラスする方法としては、茹でたり、焼いたり、煮込んだり、蒸したり、炒めたり、揚げたりする事がある。
熱をプラスした食事は体を温めてくれる効果がある。
花粉症の大敵は「冷え」な為、温めた食事をどんどん取って体の中から熱を発する事が花粉症の食事治療には理想的であるためである。

 

東洋医学では花粉症等の病気には食物が大幅に関係していると云う考え方「医食同源」と云う考え方がある。
文字通り、病に対抗するには体が資本、その体は食物から成り立ってると云う事である。

page top