精神安定剤≪レキソタン≫

精神安定剤≪レキソタン≫

精神安定剤の1つにレキソタンと云う種類の薬が有る。
抗懸念薬やトランキライザーとしても活用される事が有る薬である。
レキソタンは心の安定薬になり機能としては思ったより温和な物に為ってる。
服用すると懸念感や緊張感を緩和(かんわ)させてくれる為、気持ちが落ち着いてくる様に成る。
神経症やうつ病と云った心理的な病気の方、心身症の様な体調不良に為ってる方等が服用している。
心身症と云うのは体に不調がでて来る事が少なくないものであるが、その原因は心理的な物、もしくは自律神経が乱れている為と云われている。
例を挙げると心理的なストレスと云う心理的負荷が溜まってしまったせいで胃が痛くなるとか、生理不順に成るとか、血圧が当たってしまう等がそれにあたる。

 

 

現実にレキソタンを処方されるケースの場合であるが、うつ病や自律神経失調症、更年期障害、懸念症、パニック障害等、神経症の方を中心に処方されている。
またレキソタンには筋弛緩機能が有るので緊張が原因で生じる頭痛や肩凝り等の症状で苦しんでいる人にも処方されるケースの場合が有るようである。
レキソタンは精神安定剤の中でも副作用がおおくはない為、多種多様な病気に使用される様である。
精神安定剤でもマイナートランキライザーとして分類される薬に成る。

 

 

服用して効果が出はじめるのがざっくり1時間後位になり、その持続時間は6から20時間程と云われている。
また服用時の眠気が弱い為、運転する方にも思ったより楽に服用して戴く事ができる。

page top