便秘とプロバイオティクス

便秘とプロバイオティクス

プロバイオティクスにかんしては1989年にフラーと云う学者が定義した。
それは「プロバイオティクスが腸内のフローラの釣り合い改善に拠って人間に対して有用な効果をもたらしてくれる生きた微生物である。」と云うものである。
これらの微生物は健康造りに役立つものとして考慮されている。
代表的なものには乳酸菌とビフィズス菌がありこれらには腸内に善玉菌を増やして便秘予防や便秘改善に効果がある事は認識されている。
これ以外にもコレステロール値を下げる、抗腫瘍効果がある、免疫を活性する力がある、アトピー性皮膚炎を制御する力がある、ピロリ菌を制御する力がある等の効果が科学的に証明されている。

 

このプロバイオティクスを取る為にはヨーグルトやチーズ等の乳酸菌発酵食品をなるべく積極的に摂取すべきだろう。
近年ではプロバイオティクスを全面に掲げた乳酸飲料やヨーグルト等が販売されている。
またオリゴ糖等は「プレバイオティクス」と呼ばれ、腸内に到達してプロバイオティクスの餌に成るものである。
オリゴ糖は腸内に到達するとビフィズス菌の餌となって善玉菌の働きを活発化して悪玉菌の働きを制御する力がある。
現状オリゴ糖は多種多様な形で製品化されて特定保健用食品と為ってるものもある。

 

ヨーグルト等の他にもプロバイオティクスをおおく包括する食品としては、みそや醤油、漬物や甘酒等がある。
野菜が漬かると乳酸菌が誕生するので漬物には相当の乳酸菌が居住している。
更にぬか漬けに成るとぬかの中にも相当の乳酸菌が居住しているのでその効果は計り知れない。
生の野菜を口にするよりもビタミンB1やミネラルもたくさんあるので栄養素がたくさん摂取できるのだ。

page top