ワキガ手術の切除法

ワキガ手術の切除法

ワキガ手術の方法の1つである「切除法」にかんして解説する。
切除法ではワキ毛が生えている部分の皮膚を全部排除する。
そしてワキガの臭いの元と為ってるアポクリン汗腺やエクリン汗腺や皮脂腺やワキ毛を全部切り取る手術である。
全部切り取ってしまうためワキガ手術として効果が高い方法である。

 

切除法はワキガ手術の中で一番古い手術法である。
その為近年はあまりこの方法でのワキガ手術はみられなく成った。
切除法によるワキガ手術には何種類か短所があるからである。
切除法ではワキの下の皮膚を切り取り其の後縫い合わせる為、ワキの下に傷跡が残ってしまう。
傷跡は5cmくらいと少し大きめである。
また傷は1ヶ所ではなく、通常2ヶ所つく事が一般的である。
他にもワキの下がひきつったり、腕がむくんだり、酷い(ひどい)時には運動障害がでたりする事がある。
手術後1週間くらいワキがつよく圧迫された感じに成るので腕が少し移動させにくくなる。
皮膚が茶色くなる事があるし、小じわが出きる事があるし、観た目が悪くなる事がある。
長所としては、ワキ毛が少なくなるので女性には喜ばしいポイントだとおもわれる。

 

ワキガ手術を受けようと吟味している病院が「切除法」を勧めるような病院のケースの場合、用心した方が良いとおもわれる。
事前カウンセリングのときに、手術の長所にかんして、短所にかんしてキッチリと確認しておいてほしい。
失念していけないのがアフターケアにかんしてである。
アフターケアも手術を受ける上で肝心なポイントである。
キッチリと承知した上で手術を受けるようにしてほしい。

page top