2008年アメリカ合衆国大統領選挙とオバマの関係

2008年アメリカ合衆国大統領選挙とオバマの関係

スーパーチューズデーで予測以上の成果を挙げたオバマ氏は、そのまま勢いづくるのだ。
予測外の敗戦を喫したヒラリー陣営の落胆と失速もあって、ルイジアナ州から開始する残りの2月の予備選全てに勝利すると云う凄まじいダッシュを見せ、オバマ氏は一気に正式な民主党の候補へと前進した。
ここで注目すべきは、11もの州全てに勝利しただけでなく、僅差と云う事が殆どない、全ての州で圧勝だった事である。
これは、オバマ氏の勢いが完璧に加速化している事を表していると観て間ちがいないだろう。

 

ただ、ヒラリー陣営もこのままでは完了しない。
3月の第1木曜日に5つの州で実行されるミニチューズデーと呼称される日には、ヒラリーさんが3勝2敗で勝ち越し、意地を見せた。
やっぱり大規模な州ではヒラリーさんに1日の長があるようで、オハイオ、テキサス州では彼女がガッツリ勝利を収めた。

 

しかしながら、その反撃も束の間だった。
其の後実行されたミシシッピ等の予備選ではオバマ氏が勝利し、結局3月トータルでも僅か一票差ながらオバマ氏が上に行きた。

 

スーパーチューズデーでの予測外の苦戦、其の後の失速に拠って、ヒラリー陣営は敗色が濃厚になってきた。
資金面でも厳しくなり、実質的には途方もなく追い込まれた隊場に立ったと云えるだろう。
しかしヒラリーさんは諦めず、粘りつよく戦う事を選定する。
それに対し、オバマ氏はあくまで冷静に、そして熱い演説を武器に、支持を拡大していく事に成るのである。

 

気になる話題の調査報告

page top